土地・建物限定販売

ちょっと真面目に考える「お金」の話

住宅を購入するにあたり、一番気になるのが「お金」のことですよね。

住宅ローンをどこで組むかを初め、かかる経費や頭金のこと、実に様々な問題に直面します。

 

年の瀬も迫ってきたこの時期に、「出ていくお金」のことばかりお話しても・・・

ですので、今日は「住宅購入後に戻ってくるお金」について少しお話しようと思います。

 

住宅購入後にお金が戻ってくる・・・?!

そんなオイシイ話があるわけ・・・・・・あるんです★ヾ(・∀・)/

 

 

住 宅 ロ ー ン 控 除

耳にされたことがある方も多いかと思います。

どのような制度か???

簡単に説明しますね(●゚ⅴ゚)/

 

銀行やフラット35で借り入れした住宅ローンの年末時点での残高の1%(一律)が、年末調整で戻ってきます!

会社にお勤めの方なら年末調整で、自営業の方なら確定申告で、その年の所得税から還付されます。

(会社員の方でも、最初の年だけは確定申告が必要になりますのでご注意を!!)

現在の制度では、最長10年間、この控除を受けることができます。

もちろん、控除を受けるための条件がいくつかありますが、自分で住む家を自分でローンを組んで建てる場合であれば、概ね控除の対象になると思っていただいて大丈夫です。

 

この住宅ローン控除ですが、消費税率の変化によって金額も変化します。

2015年12月21日現在の消費税率は8%ですので、最大で400万円もの控除が受けられます。

(ちなみに消費税率5%のときは最大200万円でした)

 

 

さて、消 費 税 のお話が出てきましたので、そちらにも少し触れておきますね。

 

住宅は高額なので、消費税引き上げに伴う負担が大きいです

また、計画開始から実際に入居するまでの期間も長くかかります

 

2017(平成29)年4月1日で現行8%の消費税率が10%に引き上げられることが決まりました。( ;´Д`)

それに伴い、2017年4月1日以降、新たに住宅を購入する際にかかる消費税率ももちろん10%になります。( ;´Д`)

(土地には消費税はかかりませんので、建物のみにかかってきます。)

それでは、消費税率が8%のうちに住宅を購入するには、いつ動き出せば良いのか?

難しいですよね・・・(´・_・`)

11こちらの図を見ていただくと一目瞭然です★

契約と引渡のタイミングで、消費税率が変わってきますので、是非知っておいてください(*・ω・*)o

平成28年9月30日以前に契約した住宅に関しては引渡しが税率引き上げ後になっても8%のままです。

平成28年10月1日以降の契約の場合は、引渡しの時期によって税率が変わりますのでご注意を!!

 

「家を建てよう!」と決めてから、すぐに契約に至るケースは稀です。

土地を探したり、ローンの審査をしたり、間取りや仕様を決めたり・・・

家を建てることを決めてから契約に至るまでの道のりは長いです。

 

年末年始、家でゆっくりと住宅のことについて考えたり家族と話したりする機会もあるかと思います(*´∀`*)

一生に一度の大きな買い物です。

余裕を持ったスケジュールで賢く購入してくださいね★ヽ(^ω^)ノ

 

 

***ひよこ住宅は、年内は12月26日(土)まで、年明けは1月4日(月)から営業しております***

 

◎名古屋・守山で新築・建売・中古・マンションをお考えの方は超ローコスト住宅専門店の「ひよこ住宅」へ!◎

◎お問い合わせは……

【電話】052-772-0099 (10:00~18:00/水曜日定休)